英語の学習方法

【松本の子ども英語教室アイキャン】英語ができる子どもの意外な共通点、まず3つ!

更新日:

「英語ができる子」をよく見ていると、

共通事項がたくさんあります。

こんにちは。

「子どもと英語の応援団」団長の松井美紀です。

今日もこのブログをご覧いただいて、

ありがとうございます。

 

すごく字がきれいな姉弟がいます。

最初は、

「Aちゃんは、字がきれいだなぁ。」

とか

「Bくんは、ノートにどんどん英語を書いてくるなぁ。」

とか

「Cちゃんはよく話を聞いてるなぁ。」(別の子ですが)

と、漠然と思っていただけなんですが、

ある時、ふと気が付きました。

あれ、この子達、みんな、

英語がすごく上手・・・

そこで、英語がよくできる教室の生徒や、

過去に勤めた英会話スクールで見て来た、

2000人以上の子ども達を思い出すと・・・・・

ありました! ありました!

たくさんの共通点。

今日は、これらの共通点について、

書いていこうと思います。

 

あ、小学生クラスで英語ができる子は、だいたいが学校でも成績優秀です。

だから、これは、英語だけのことではなく、

学習全般に通じることも多いんです。

ご参考に。

 

①  英語ができる子は、学習で字を書くときには、両方の手を使う

勉強する時に、というよりも、鉛筆を持って何かを書くとき、

あなたのお子さんは、両手を使っていますか?

両手で書くというのは・・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉛筆を持つ手が右手なら左手を、

鉛筆を左手で持つ子は右手を、

きちんと添えていますか?

ご自身でもやってみるとよくわかると思います。

机に向かって椅子に座り、

紙を前において、

鉛筆をきき手に持ち、

字を書いてみる。

この時、

反対の手を紙に添えるのと、添えないのと、

どちらが書きやすいですか?

・・・・・・・・

もちろん、添えた方ですよね。

添えた方が、紙が動かないので、字は書きやすい。

書きやすいから、きれいに書ける。

だから、

字を書くときは、

両手を使うんです。

体も安定するので、グラグラしません。

 

お家の方がそう指導したか確認していませんが、

高学年や中学生で勉強のできる子は、

ほとんど、きちんとそれぞれの手を使っていますね。

 

②   英語ができる子は、正しい鉛筆の持ち方ができている

本来、

小学校に入学した1年生の時に、

「鉛筆の持ち方」を学習します。

鉛筆の正しい持ち方(北星鉛筆株式会社のHPより)

そして、ひらがな⇒カタカナ⇒漢字・・・

という感じで、文字を書けるようになっていきますね。

しかし、

ほとんどのお子さんが入学前に字を書く現在では、

小学校では、

この指導にあまり時間を使わない、と聞きます。

学校でこれらのことを

きちんとやっていないわけではないですが、

全ての子どもが

学校だけでできるようになるとは限りませんね。

そうなると、鉛筆の持ち方は、

各ご家庭で伝えた方がいい、

もしくは伝えておかないといけないこと、

そうなりつつありますね。

 

現実問題として、

子どもが幼児の段階で、絵本などを通して字に興味を持ては、

発達心理学上で言っても、

子ども自身が「字を書きたくなる」わけです。

ですから、

「書くのは学校に上がってから」と待つよりも、

その書きたくなった段階で、

楽しく鉛筆の持ち方を伝える方が、

よっぽど効率よく、鉛筆が持てるようになります。

 

③   お箸が上手にもてる子は、正しい鉛筆の持ち方ができてい

また、

私たち日本人はお箸を使う文化を持っているので、

お箸の持ち方がとても大切ですね。

この「お箸の持ち方」がきちんとできると、

鉛筆もきれいに持つことができる、と言われます。

お箸と鉛筆、どちらも本当に大切ですよね。

 

まとめ

英語が上手な子供たちの共通点をいくつかご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

まだまだたくさんあるのですが、

英語ができる子、特に小学生までは、

「集中力がある。」というのも、とても大切な共通点です。

 

その集中力を付けるためには、

一つのことに「じっくり取り組む」訓練が必要です。

机に向かっても、両手を添えないといい姿勢が取れません。

また、鉛筆を安定して持てなければ、手そのものに余計な動きが出てしまいます。

鉛筆を正しく持つと、適切な筆圧で字を書けます。

適切な筆圧で字を書く習慣があると、

手や脳に余分な力を入れずに、

長時間鉛筆も持って字が書けるようになります。

 

また、食事の時間も、

お箸を上手に持てれば、食べ物を安定して口に運ぶことができて、

落ち着いて食事ができます。

(食事と学習の関係については、また別の日に書かせていただきますね)

 

*両手を添えて字を書く。

*鉛筆を正しく持つ。

*お箸を正しく持つ。

これらは、

「英語ができる子」というよりは、

「学習を楽しめる子」の共通点かもしれません。

ご参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

では、今日はこのあたりで。

それではまた次回。

まつい
「英語学習を通じて、子どもの能力を高めたい」そう思う親御さんを、本気でサポートしています。

未就園児の親子さんは、英語おけいこサークル・アイキャン

年少以上の方は、英語教室・アイキャン

-英語の学習方法

Copyright© 子ども向け英会話教室|アイキャン , 2020 All Rights Reserved.